無料HP TAROの製作日記 2010年04月

TAROの製作日記

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル+マクソン=??? 

2010.04.19

致命的な欠陥のため、完成後数日でサーボ周りを変更。
100419_2
ポテンシャルはまだまだ不明

まずはじっくり考える時間を作ることに、専念する必要があるようです。


>新しいマシンの画像を見ての質問です。

>4モータで5m/s以上で走行できるものでしょうか?
>4モータで通常のドライブ基板で走らせても、4m/s少ししか出せません。

>ギヤ比は8:56で、タイヤ径は40mmです。
>なにかヒントがあれば教えてください。よろしくお願いします。

時間がたってしまったが、こんなコメントが来ていたので記事にしておきます。
まずモータ設計の考え方はこちらのサイトを参考にしてみてください
http://www.mabuchi-motor.co.jp/cgi-bin/catalog/catalog.cgi?CAT_ID=rc_260ra
http://www.mabuchi-motor.co.jp/ja_JP/technic/index.html

コメントの構成なら経験上5m/s近く出せるはずですが、実物を見ていないため原因を断定することはできません。
何点か実際に体験した原因を箇条書きにしておきます。
・エンコーダーの計算は出来ているか?(M君が昔やらかしていました)
・アナログ車の場合、ゲインが極端に強くないか?(サーボに電流を持っていかれます)
・モーターの劣化が進んでいないか?(私はハイシーズン時は、1ヶ月に一回程度モータ交換をしています)

他にもいろいろな要因がありますが、どうやったらタイヤがたくさん回るかを考えて解決してみてください。
ちなみに一昨年から昨年まで使用した車体は4モータで6m/s近くでていました。まさに直線番長です。
スポンサーサイト

 | HOME |  »

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。