無料HP TAROの製作日記 MCR/MATLAB

TAROの製作日記

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPLDのロジックを考える1 

2009.12.07

MCRではまだ一部の地域でしか使用されていないが、マウスなどではポピュラーなCPLD知るべく土曜日、K工業にお邪魔してきました。
VHDL読めません。
F先生と生徒に教えてもらいながら、疑問を解消していく。
とりあいず納得。後は使いながら解消していくことにします

Hブリッジのロジックは大体予想の範囲内。
仕事でMATLAB/Simulinkを使用しますが、ロジックの組み方が一緒!!
U先生の考え方と、独学のMATLABがここでリンクするとは思いませんでした。

帰ってから早速考え方を紙に書いていくと、どうしても時系列で動かしたい欲求に…
こんなモデルを作って見ました↓

【注意】
・PWM周期10sec
・モデルは固定ステップ0.1sec
・PWM=0:停止 PWM=1:駆動
・BRAKE/FREEは"0"でブレーキ"1"でフリー
・遅延時間は1sec
・ゲートドライバーは非反転を選択想定
・アウトのPch1~2、Nch1~2は"1"で導通
091207_model2

091207_Out

動作はあっているのかな?それにしても論理演算がグチャグチャ…
たぶん整理したらもっと簡潔になりそうな気がする。
スポンサーサイト

 | HOME | 

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。